コレベスト

ロケットカゴを選ぶならこれ!おすすめ8選を徹底解説!

ロケットカゴ おすすめ
コスパの良いロケットカゴ3選
  1. ナカジマ クッションゴム付ロケットカゴ
    →シンプルで安い、使い勝手も良い!
    楽天/アマゾン/Yahoo
  2. SANNA(サンナー) ロケットカゴ
    →カゴが軽いので子供や女性でもラクラク扱える!
    楽天/アマゾン/Yahoo
  3. sannaサンナー ロケットカゴ天秤付
    →沖の回遊魚に最適!天秤付きで遠投しやすい
    楽天/アマゾン/Yahoo

カゴ釣りを始めたいけれど、どんなロケットカゴを選べば狙った魚に効果があるの?

Amazonとかで人気のある商品はどれ?

この記事を見つけたあなたは、ロケットカゴの選び方について気になっているのではないでしょうか。

カゴ釣りを始めたい人ならどのロケットカゴを選べば良いか気になることも多いでしょう。

この記事では人気の高いロケットカゴについて解説。

結論から言うと、ロケットカゴはシンプルで安いものが高い人気があります。

最後まで読めば、いますぐ選ぶべきロケットカゴを知ることができるでしょう。

ロケットカゴとは、カゴ釣りにおいて、コマセを詰める為の仕掛け小物。カゴには様々な種類がありますが、コマセの調節が簡単で遠投もしやすく何より安いロケットカゴがおすすめです。

この記事でカゴ釣りに大活躍のロケットカゴをご紹介いたします。

1. 総合的におすすめできるロケットカゴ5選

ロケットカゴは様々なメーカーから発売されている中で、特に人気の商品をご紹介。

1. ナカジマ ロケットカゴ  LL〜SS

メーカー小売価格¥330
規格LL
サイズΦ36×118㎜

ロケットカゴといえば株式会社ナカジマのロケットカゴシリーズ。
シンプルで安いことから定番のメーカーとなっています。

その中でも、もっともベーシックなカゴが高い評価をされていました。

シンプルがゆえに自作で天秤や錘を自由につけることができ、魚種に合わせた汎用性の高さが特徴です。

/

安さと使い勝手は抜群!

タイトル
アイテム
 (5)

この安さが一番の魅力!使い勝手もよく大変満足しています。

2. ナカジマ クッションゴム付ロケットカゴ  S〜L

メーカー小売価格¥330
規格L
サイズΦ35×94㎜

クッションゴム一体型のロケットカゴです。

クッションゴムとは大物ヒット時の衝撃を緩衝してくれる優れモノ。


カゴ釣りといえどイサキなどの回遊魚がヒットすることは珍しくありません。

その為、万が一に備えてラインブレイクを防ぐクッションゴム付きのロケットカゴが人気となっています。

/

カゴ釣りで愛用しています。
ウキ釣りは小さな道具がやたら多くて、それぞれは少額だけれども出費がバカにならないです。
わざわざゴムクッションを買うのもなんだし。
かといって、せっかく掛かった大物を獲り逃したくないし。
本当にクッションゴムなんて必要なのだろうか。

そんな悩みを一挙に解決してくれるのが、このクッションゴム付きロケットカゴ。
プラカゴの中にゴムひもが通っています。これなら手間も省けて両得です。
おかげさまで、今のところ大物でもバラしたことがありません。

これは釣り人思いの良い商品だと思います。

3. SANNA(サンナー) ロケットカゴ 2ヶ入り ミニ 051314

amazon価格¥449
規格ミニ

SANNAから発売のロケットカゴミニサイズ。

アジやサバなどの釣りに最適です。

小型魚は群れで回遊する為、1回に大量のコマセを必要としません。

カゴが小さい分軽いので、お子様や女性でもアジやサバ釣りに最適のカゴとなっています。

/

早く届いてすぐ使えた!

タイトル
アイテム
 (5)

とても早く届いて良かったです!
次の日の釣りに間に合いました。

4. SANNA(サンナー) ロケットカゴ(天秤付)バラ (2ヶ入り)ミニ 051383

amazon価格¥575
規格ミニ

天秤つきロケットカゴの利点は何と言っても遠投のしやすさにあります。

なぜならカゴの真下に錘をつけ、横から天秤で垂らす構造になっているため、重心が安定し飛距離が伸び、仕掛けが絡まりにくい特徴を持つからです。

沖の回遊魚を狙う場合は遠投が必須なので天秤つきロケットカゴが人気なんですね。

/

食いが悪い時

タイトル
アイテム
 (4)

AMAZONで検索すると出てきたので購入。

釣果は確かに上がります。が、外道(フグ、ベラなど)も釣れます。これを使う時は、刺し餌を多めにした方がいいです。

5. ささめ針(SASAME) P-180 道具屋 ロケットカゴ

メーカー小売価格¥200
規格P-180
サイズ全長22cm

ささめ針のロケットカゴは上下の大きな穴が特徴のアピール力高めのカゴです。

上下の穴が大きいので、コマセが勢いよく放出。

コマセが多く出るぶん、ガンガンアピールすることで釣果を上げる狙いがあります。

さらに夜光玉もセットになっているので集魚力も高いことも魅力の1つです。

/

発送が早くて使いやすい!

タイトル
アイテム
 (5)

すぐ届きました。以前から使用していましたが、飛ばしてしまい購入しました。

カン付きウキ用で使用しています。。近所の釣具店で無かったので、つり具 TAN Yahoo店さんで、購入しました。発送も速くて良いストアーさんです。

2. コスパが良いロケットカゴ3選

人気のロケットカゴを紹介しましたが、さらにコストパフォーマンスに絞って比較してみましょう。

仕掛けはロストする可能性が高いので、出来るだけコストは抑えていきたいですね。

1. ナカジマ ロケットカゴ  No.2677 SS

ナカジマロケットカゴが最安

SSサイズでは¥216、LLサイズでも¥330との安さ。

この値段で2こずつ入っているので、人気の高さも納得です。

/

安さと使い勝手は抜群!

タイトル
アイテム
 (5)

この安さが一番の魅力!使い勝手もよく大変満足しています。

2. ナカジマ クッションゴム付ロケットカゴ No.1244 S

クッションゴムつきロケットカゴでもナカジマは圧倒的なコストパフォーマンスです。

Sサイズ(2個入り)¥229、Lサイズ(1個)¥265との安さ。

クッションゴム単品でも200~400円するため、セットでこの値段は破格です。

/

いいサイズ

タイトル
アイテム
 (5)

トリック仕掛けに使います。サイズとゴム糸がお気に入りです。

3. SANNA(サンナー) ロケットカゴ 2ヶ入り ミニ 051314

SANNAのロケットカゴミニ。

こちらもシンプルな構造のため価格は控えめです。

ミニサイズ(2個入り)¥438の安さ。

総じてプラスチック製のシンプルなカゴが価格が低くなっていました。

これなら買い置きが簡単なので、多少仕掛けをロストしても釣りを気兼ねなく続けることが出来そうですね。

/

早く届いてすぐ使えた!

タイトル
アイテム
 (5)

とても早く届いて良かったです!
次の日の釣りに間に合いました。

3. 魚種別ロケットカゴの3パターンの選び方

人気のロケットカゴはわかったけれど、釣りたい魚にはどれを使うと効果的なのだろうとお困りではないですか?

今まで紹介したものから、狙う魚種別のロケットカゴの選び方を3パターン紹介します。

必ずしもそれでなくてはならないわけではありませんが参考にしてくれたら幸いです。

3-1. アジなどの小型回遊魚を狙う【シンプルなカゴを選ぼう】

カゴ釣りでもっとも釣りやすいのがアジやサバの小型魚です。

何故ならこれらは回遊する性質を持つため、無理に遠投しないでも足元まで泳いでくるのを待つ釣りができるのです。

そのためサビキ釣りと同様に足元に垂らすだけで良いので、一番シンプルなプラスチック製ロケットカゴを選びましょう。

3-2. サヨリなど潮目にたまる魚を狙う【遠投向きなカゴを選ぼう】

サヨリは潮目に溜まりやすいので狙った箇所に遠投することが大切です。

潮目とは潮と潮が合流している地点のことで、プランクトンも豊富。

そのため小魚、中型、大型と食物連鎖が繋がりやすい特徴があります。

サヨリやチヌはその潮目付近に付いているので狙ったポイントに遠投しやすく、仕掛けが絡みにくい天秤付きロケットカゴがおすすめです。

3-3. カツオなどの中〜大型魚を狙う【丈夫なカゴを選ぼう】

大型魚を狙う時は仕掛けが切れない丈夫なカゴを選びましょう。

食いついた衝撃でラインがちぎれてしまう事は珍しくありません。クッションゴム付きのカゴならば衝撃を緩衝してくれるので大型魚がかかっても安心です。

以上の理由から、大型狙いのときはクッションゴム付きのカゴがオススメ。

さらにカゴに天秤をプラスすると遠投する際に仕掛けが絡まりにくい為、尚良しです。

4. 「上カゴvs下カゴ」正解は?【遠投するので上カゴにしよう】

上カゴと下カゴのどちらが良いのかという話はカゴ釣りやサビキ釣りでしばしば議論になります 。

結論 、水深が深いところでは上カゴ、水深が浅いところでは下カゴがおすすめ。

理由は水深で使い分けた方がコマセと仕掛けを同調させやすいからです。

カゴ釣りでもっとも大切なテクニックはコマセの放出と仕掛けを同調させることです。

同調とはコマセの煙幕の中に疑似餌を紛れ込ませること。

これによりコマセに誘われた魚が針を飲み込むことになります。

上カゴは、着水してから狙いの水深に到達して、上下に振ることでコマセを放出します。

そのため十分な水深で魚を誘い出すことに特化しているのです

一方、下カゴは着水した瞬間からコマセが上方に向かって放出されていきます。

水深が浅い所では効率よくコマセを蒔くことができる反面、深くなりすぎると目標の水深へ到達前にコマセがなくなる可能性が、、。

したがって、基本的に遠投むけのロケットカゴでは、上カゴでの釣りがおすすめです。

まとめ|目的に合わせて最適なロケットカゴを選ぼう

30秒で分かるまとめ:あなたに合ったエギングリールが見つかる
  1. 人気・コスパで選ぶなら「ナカジマ ロケットカゴ 」シリーズを選ぶ。
  2. アジなどの小型魚には”ナカジマ ロケットカゴ  LL〜SS”
  3. サヨリなどには”SANNA(サンナー) ロケットカゴ(天秤付)バラ (2ヶ入り)ミニ 051383”
  4. カツオなどには”ナカジマ クッションゴム付ロケットカゴ  S〜L”

いますぐ最適なロケットカゴを手に入れて海へ繰り出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。