コレベスト

【徹底解説】メバリング餌の種類とオススメ商品6選|釣れるのはコレ!

メバリング おすすめ

メバリングはルアーフィッシングで人気だけど、生き餌で釣っている人も多いの?

ルアーと生き餌ではアタリが異なるそうだけど、それぞれに適当なシーンはあるの?

メバリングに使用する生き餌にはどんなものが最適なの?

メバリングをこれから始めようとしているあなたは、釣りエサについてわからないことが多いのではないでしょうか。

メバリングでは、ルアーを使用する人や、生き餌を使用する人がいて、どちらの方がよく釣れるのかなど、疑問に思うことは多いですよね。

この記事では、シーンに合ったオススメのルアーや生き餌、その選び方をご紹介!

この記事を最後まで読めば、あなたに合ったシーンでの最適な釣り餌を知ることができ、メバリングを最大限に楽しむことができます。

30秒で分かるまとめ:この記事を読んでわかること
  1. 昼間のメバリングは、高速ダートさせられるルアー、夜のメバリングには、においのある生き餌が最適
  2. 船釣りにはアオイソメなどの虫エサが最適
  3. 投げ釣り(近投)にはサンマの切り身が最適

1.メバリングとはルアーフィッシングで人気のメバル釣り

メバリング ルアー 生き餌 船釣り
エビ 昼間 夜 サンマ

メバリングはルアーフィッシングの中でも特に人気のある釣り。

メバリングでは、メバルの他にもカサゴ、ソイ、アイナメなどの根魚がターゲットになります。

メバルは小魚・甲殻類・多毛類・プランクトンなど様々なものを捕食するため、メバリングで使用するルアーの種類も様々。

そして、なんと生き餌でもルアーと同様、アタリが多いのがメバリングの魅力です。

2.メバリングの仕掛け(ルアー・生き餌)を選ぶ際のポイント4選

2-1.昼間のメバリングは生きエビもしくは、高速ダートさせれるルアーを選ぶ

メバルはとても眼が良いのが特徴で、日中だとルアーを見切られてしまいます。

捕食の際、一気に食いつくのではなく、しばらく追ってから餌かどうか判断して食らいつくのがメバルの特徴。

したがって、昼間のメバリングにはルアーを高速でダートさせ、「リアクションバイト」させることがポイントになります。

2-2.夜のメバリングには生き餌などの匂いがあるものが最適

暗く視界がわるい夜には、においのきつい餌でアタリを狙いやすくなります。

夜になると、明かりがなくなるため、視覚は頼りにならず、嗅覚を頼りに餌を探す傾向に。

そのため、生き餌のようなにおいのあるものの方が、よりメバルを引き寄せやすくなります。

2-3.船釣りにはアオイソメなどの虫エサ

潮の流れがある船釣りには、アオイソメやイシゴカイなどの虫エサが適切。

虫エサは新鮮で活きが良いため、潮の流れが急な場所でも弱りにくいのが特徴。

したがって、流れに緩急のある船釣りにおいても、虫エサを使用することで、アタリを得やすくなります。

2-4.投げ釣り(近投)にはサンマの切り身

メバルの集魚には、サンマの切り身が最適。

サンマの皮の輝き、におい、脂には、強力な集魚効果があります。

しかし、身が柔らかく、すぐにぐずぐずになってしまうことがサンマの切り身のデメリット。

したがって、投げ釣り(遠投)には向かず、投げ釣り(近投)で効力を発揮します。

3.メバリングの仕掛け(ルアー・生き餌)のおすすめ商品6選

3-1.高速ダートが可能なルアー3選

3-1-1.バークレイ(Berkley) ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン

価格 ¥677‐
サイズ2インチ
カラー全10色

初心者にオススメ。

本製品は強烈なニオイが特徴で、ほぼ生きエサと同じ効力を発揮します。

その効果は、水中に入れただけでも、魚が集まってくるほど。

臭いのが苦手な人には、やや扱いにくいかもしれませんが、初心者でもアタリ間違いなしの商品です。

3-1-2.タックルハウス(TACKLE HOUSE) ショアーズ オルガリップレス

価格 ¥1,430‐
サイズ43㎜~50㎜
カラー全19色

デッドスローや潮流に乗せて漂わせる釣りを楽しみたい人にオススメ。

スローフローティング設定のボディのため、泳ぎでバイトを誘発できるのが特徴。

バイトの際に弾かれにくく、同時にスローリトリーブでも浮き上がりにくいため、潮の流れが速い場合にも活躍します。

3-1-3.ダイワ(Daiwa) 月下美人 ビームスティック

価格 ¥495‐
サイズ1.5インチ・2.2インチ
カラー全17色

ライトゲームを楽しみたい方にオススメ

柔らかさがありつつも、強度があり、確かな釣獲力をもつビームスティックの効果は、タダ巻きでも十分釣ることができるほど。

ウルトラライトゲームからのステップアップに挑戦される方にもオススメです。

3-2.生き餌3選

3-2-1.モエビ・シラサエビ

価格 ¥1,518‐
生体数 50匹
サイズ約2~4㎝

モエビ・シラサエビは大型狙いの方にオススメ。

メバル釣りではエビは一般的なエサですが、甲殻類はメバルの好物であるため、大物も十分に狙うことができます。

やや付け方が難しく、海水に付けるとすぐに弱ってしまうため、ある程度メバリングの経験がある方、そして大型のメバルを狙いたい人にはオススメ。

3-2-2.イソメ類(アオイソメ、ジャリメ、マムシ)

価格 ¥649‐
生体数 15匹
サイズ約11㎝

イソメ類は、メバリングの初心者にオススメ。

イソメ類は海釣り定番中の定番の餌ですが、根魚に対しても非常に効果的で、安価に手に入りやすく餌持ちがいいので初心者にオススメです。

マムシは高価ですが、活性が低い時などには、ニオイが強く集魚力が高いので、最適。

3-2-3.イカナゴ・キビナゴ

価格 ¥880‐
容量 500g
サイズ約8~10㎝

メバルの大好物であるイカナゴやキビナゴは釣りの経験がいくらかある人にオススメ。

イカナゴは釣ったものを餌として使用するのが定石。

そのため、ある程度の釣りの経験がある方がメバリングまでの準備がスムーズで、釣りをより楽しむことができます。

少し手間ですが、釣り経験のある方で苦にならず、ヒットすること間違いなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。